Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実店舗リニューアルしました!

玄米や雑穀の秤売りスタイルのお店をオープンいたしました。

玄米は1kgより、やわらか玄米ももちろん、白米や雑穀とのブレンドも店頭でご要望にお応えいたします。

店内では手作りのおにぎりも販売しております。(お昼が中心です。)

店名は「成川米穀店」
営業は午前9時~午後7時。毎週日曜のみお休み。
*川崎駅から徒歩13分。店頭に車も駐車できます。

FBも同名前で開設しています。

お近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りくださいませ。

(店長 成川)

13882457_1725711207679380_8782195990646596097_n.jpg

今、話題のもち麦入り玄米おにぎり 販売中。

13709752_1720980721485762_6559416808186845720_n.jpg

玄米は桐の箱にいれて保管。
その場で精米できます。分つきにも対応しております。

13925376_1725711114346056_4344278195013597999_n.jpg

おにぎりは店内で手握りで握っています。

13782256_1720982844818883_2937149349593235616_n.jpg

コンセプトボード
スポンサーサイト

千葉川上幸男さんの収穫

平成28年産 千葉旭市川上さんの収穫が始まりました。
最初はあきたこまち。

毎年の光景ですが、川上さんの収穫時にはたくさんのシラサギが集まってきます。
これは収穫している最中にシラサギの餌になる虫たちが姿を現すから。

ここ10年以上、田んぼには化学肥料は使わず、農薬も初期の一回だけ。
稲に農薬が残ることはありません。
生き物が安全を証明する景色ですね。

ことしの大型の台風が続けて田んぼを襲ったにもかかわらず、丈夫に育った稲は自立していました。
これは化学肥料を使わないためだと川上さんが言っています。

この後はひとめぼれ、ミルキークィーンと続きます。

成川亮治



14141923_1739251962991971_8486405639491787350_n.jpg

14264009_1739251972991970_8556489404272137764_n.jpg

14192760_1739643486286152_251019503278599023_n.jpg

あきたこまち・甘味があっておいしかったです。白米ですが。

三浦屋〜マクロ美人やわらか玄米販売中

東京都内〜郊外で展開する、高質スーパ—三浦屋さんでやわらか玄米を長年販売してくれています。
良質の商品をリーズナブルに販売。
その選ばれた商品の中にこの商品がずっと販売してもらっているのはとてもありがたいですね。

head_logo.gif

三浦屋のマークもグリーンが基調。

IMG_0558.jpg

お店のイメージカラーに商品デザインがあっていてまるでオリジナル商品のようですね。

shop_13_2.jpg

きれいな店内。
総菜屋お弁当も手作りでおいしい。

10月には東京武蔵関店オープン予定。
そこでもやわらか玄米がお求めできる予定です。
お近くの方は足を運んでみて下さい。

製法をうたった類似品にご注意下さい。


今回のブログは決して中傷ではありませんが、楽しい記事ではありませんので読みづらい方はパスしてください。

 最近大手の某精米メーカーさんが開発した商品が大々的にPRされ、大手量販店や、知名度が高い○○○食堂とも一緒に「白米感覚で食べられる玄米」を売り出しています。
そのコンセプトは「表面のロウ部分を取り除き、食べやすく加工した玄米」(独自製法)とうたっています。
「無洗米○○カット玄米。(名前もわかりやすいですね。)

さて、当社が「マクロ美人・無洗米やわらか玄米」を世に出したのはもう10年近く前になります、

IMG_1569.jpg
2006年10月に掲載された記事

その当時「玄米なのにやわらかい!」「玄米なのに無洗米」「玄米表層の保護膜(ロウで覆われた部分)を剥く事で白米同様に炊飯できる。」「栄養価、生命力は玄米と同程度」「通常の玄米よりギャバの発生が多い。」

この五つのコンセプトは業界に波紋を呼びました。
すべて常識ハズレだったからです。

業界からは「無洗米」という呼称は白米が対象で、玄米には適応できない。とか、表示欄の原料表示は玄米ではなく「精米」としなさい。などと同業者?からの電話での中傷や、役所の方からの指導もいただきました。

その時代には玄米か精米の定義しかなかったからです。

ただし自分で玄米を食べてその不便さに常々不満を持っていて、一念発起して作ったのが当社のやわらか玄米でしたので「玄米であること」を説明したのですが、理解してもらえませんでした。
それより、なんとかこれを早く玄米食に関心がある方に知ってもらいたくて、表示に異を唱える時間がもったいなくて、「玄米なのに精米表示」という矛盾を飲み込み表示を「精米」としました。

今でも当社ではやわらか玄米の表示は精米としております。
最近全く同じコンセプトで販売されている某社の「○○カット玄米」の原料表示は玄米になってますが・・???

まあ、よく考えれば玄米を食べたい方が増えて、玄米に関心が高まった証拠といえるでしょう。
どの大手メーカーもある程度投資を回収する可能性がなければ商品を売り出しませんから。

玄米食が市民権を得て、多くの方が玄米に関心を持っていただけた事を逆に大手業者さんには感謝しても良いかもしれませんね。
○○カット玄米がこの時期だけの一過性ではなく末永く販売を続けていただき、たくさんの消費者に受け入れられ、玄米が市民権を得て白米同様、普通に食卓で食されるようになる事を祈っております。

最後に一言だけ、原料には栽培方法、生産者、味に徹底してこだわっていただきたいです。
このジャンルの玄米の人気を高めていただくためにも。(なり)

ケーブルTV『YOUTV』やわらか玄米取材

「ちょっきんず」という川崎出身のミュージシャン姉妹が川崎を紹介する番組の取材が先日実店舗でありました。

そこでみなさん目に止まったのは「やわらか玄米」のおにぎり。

この番組、地元ではかなり人気があるようで、放送後も毎日のように「TV みたよ〜」とご来店があります。

一番の関心はやはり健康なのでしょうか、身体を気遣う方がやわらか玄米を購入されています。

あとは写真には載せてませんが「化粧ぬか」

このお米を製造する時にでる「白ヌカ、肌ヌカ」ともよばれる決めが細かいヌカです。

これは量が取れないため来店時に買われた方はラッキー!

肌にやさしいため、使った方のリピートが多いです。

IMG_1141.jpg

この方たち、兄弟ミュージシャンです。

IMG_1146.jpg

店内の棚田米にも関心が。

IMG_1150.jpg

やわらか玄米のおにぎりは、それに白米と雑穀をブレンドしたものを使っています。

やわらかい食感が新鮮だったようです。

Appendix

こちらで買えます!

らいすママ「やわらか玄米」ページはこちらへ

やわらか玄米シリーズ


やわらか玄米スタンダード
■スタンダード
¥980(税込) / 1.4kg(約10cup)

やわらか玄米スタンダード4ピース
■スタンダード美人セット
¥3,520(税込) / 1.4kg×4

やわらか玄米プレミアム
■プレミアム
¥1,380(税込) / 1.4kg(約10cup)

やわらか玄米プレミアム4ピース
■プレミアムヴィーナスセット
¥5,120(税込) / 1.4kg×4

⇒まだまだあります!
こちらをクリック!

やわらか玄米へのご意見

やわらか玄米への感想・ご意見・ご質問承ります!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

マクロ美人

Author:マクロ美人
マクロ美人「無洗米 やわらか玄米」は、成川米穀「らいすママ」が提供する、炊飯器で気軽に炊ける新感覚玄米です。
http://macrobijin.shop-pro.jp/
やわらか玄米特徴

最新記事

最新トラックバック

twitter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。